ゆるぅ〜くいきまっしょい。

なんとなぁ〜くゆるぅ〜い感じでアフィリエイト初心者向けの情報とかをお届けできたらいいなぁ〜なんてそんな感じのよくあるアレ

人間は自由が故に呪われている−哲学者サルトル

こんばんわー、F.Jackだよ

 

この前話した僕の好きな哲学者

サルトルの言葉をかる〜く解説するよ

 

べつにそんな哲学とか興味無いし・・・

 

なんて言わないでさ

まぁちょっと付き合ってよ

 

人は選択からは逃れられない

f:id:F-Jack:20170826233114j:plain

まぁ一言でいうとこうなる

 

人間て基本的にはみんな自由なんだよ

やりたくない事はやらなくてもいいし

やりたい事だけやっててもいい

 

ただ、選ぶっていうこと

選択するってことからは逃げらんないんだ

 

何をするにしても自分で決めなきゃいけない

それを放棄するってこともできるけど

それは放棄するって選択をしてる

 

こんな感じで選ぶってことからは

誰も逃れられないんだな

 

でも選べるってことは自由があるよね?

 

だからサルトルはタイトルの言葉

「人間は自由が故に呪われている」

って言葉を残してるんだ

 

自由と呪われてるって言葉って

まったく真逆だと思ってたけど

 

そうでもないって事がわかったかな?

 

というか僕のこんな簡単で

酔っぱらいの戯言みたいな解説で

理解できたかな?

 

まぁ結局僕はこの話を通して

何が言いたかったのかって言うと

 

自分が行きたい場所への道筋を

しっかりと見つけてそこへの道順を

ちゃんと選択して欲しい

 

ってことなんだ

 

 

人生は選択の連続だよ

 

「今日は何しよう、何食べよう」

「この後は誰と遊ぼう」「何時に寝よう」

「ここ右折した方が早いかな?」

「仕事辞めようかな」「何てツイートしよう」

「誰に連絡しよう」「どんなプレゼントしよう」

「この人と結婚しよう」「告白しよう」

「こっちのパソコンを買おうかな」

「次の休みに漫喫でも行こう」

「そうだ、京都へ行こう」

 

こんな感じで選択だらけ

今日っていう1日の中でキミは

どれだけの選択をしたかな?

 

人生は選択の積み重ねだから

その1つ1つが変化すれば

 

自ずと人生が変わってくるんだよ

 

今の自分を変えたかったら

まずは選択を変えてみるとこから始めよう

 

僕は今日、友人からの

「キャバ行こう」という誘いを

断るって選択をしたよ

 

・・・後悔したよ